紅葉と鹿

最近、住宅地にイノシシが出たり、熊が目撃されたりしています。

京都でも鴨川に鹿が現れたというニュースが今年は何度かありました。

 

比叡山、蓬莱山の麓に近い我が家のある住宅地でも

時々、サルを見かけることもありますし、夜にはイノシシ、タヌキがしょっちゅう現れます。

そして夜、よく聞こえるのは鹿の鳴き声。

「奥山に紅葉ふみ分けなく鹿の声きくときぞ秋はかなしき」というのが百人一首でありますが、

鹿というと紅葉です。先日(15日)の投稿に続いて今日も紅葉柄商品の紹介です。

 

この商品は名古屋市博物館で17日まで開催していた「桃山展」オリジナルの蒔絵香合です。

部分的に擬似螺鈿のホイルを使用してうまく作ることが出来ました。

ブログ用 058

About the author: WILLBE

Leave a Reply

Your email address will not be published.Email address is required.