銀杏

紅葉の次は銀杏。 先日10日にも御堂筋の銀杏並木にちなんだ投稿をしましたが、 京都の通りにも結構銀杏が植えられています。 堀川通りの今出川辺り、烏丸通りの七条東本願寺の辺り、白川通り、などなど どこもかなり黄色く色づいています。 そして、この週末は絶好の紅葉狩りとあって車も多く込み合っていました。   この商品はあるお寺の記念品で作らせていただいたてぬぐいです。 緑から黄色へ色づいていく銀杏をデザインしています。 もう間もなく居酒屋さんでもぎんなんが出てくることでしょう、大好物なんです。

紅葉と鹿

最近、住宅地にイノシシが出たり、熊が目撃されたりしています。 京都でも鴨川に鹿が現れたというニュースが今年は何度かありました。   比叡山、蓬莱山の麓に近い我が家のある住宅地でも 時々、サルを見かけることもありますし、夜にはイノシシ、タヌキがしょっちゅう現れます。 そして夜、よく聞こえるのは鹿の鳴き声。 「奥山に紅葉ふみ分けなく鹿の声きくときぞ秋はかなしき」というのが百人一首でありますが、 鹿というと紅葉です。先日(15日)の投稿に続いて今日も紅葉柄商品の紹介です。   この商品は名古屋市博物館で17日まで開催していた「桃山展」オリジナルの蒔絵香合です。 部分的に擬似螺鈿のホイルを使用してうまく作ることが出来ました。

出光美術館

今日は日帰りで東京出張。 昨日はかなり寒かったらしいが、今日は少し和らいでいるようでした。   本日の最終商談、丸ビルで午後5時~ それまで少し時間が空いたので、出光美術館「茶陶の道展」を見てきました。 中国の福建省では、南宋時代以降、天目をはじめ青磁、呉州赤絵などの特色ある 陶磁が焼造され、日本にもたらされました。 その福建省から日本への海路を「茶陶の道」としています。   出光美術館は東京駅からも近く(最寄り駅は有楽町)便利な場所にあり 帝劇ビルの9階にあります。 ミュージアムショップも展覧会に合わせ厳選した品揃え。 我が社で作らせていただいた漆芸の商品「香合」も常に全種出さない見せ方で ガラスケースに入れて高級感のあるディスプレイをしています。   出光美術館から見た夕刻の皇居方面の写真です。 「茶陶の道展」は12月23日まで 次回展覧会は酒井抱一生誕250年「琳派芸術展」1月8日~

衣料クレーム展

15日と16日の二日間、四条烏丸の京都産業会館7Fで京都織物卸商業組合 テキスタイル部品質管理委員会主催の「クレーム展」が開催されました。 誤った取り扱い方法などで色落ちしたり、形状変化した洋服など 消費者からクレームのあった商品を約20点展示して それぞれ原因の解析結果や再発防止策も表示しています。 消費者やクリーニング業者、メーカーなどがそれぞれ適切な扱い方法や 今後の商品開発につなげられるようにするのが目的。   例えば、タンブラーで乾燥しプリーツの消失した婦人ブラウスや (向かって左下の元の商品が右上のようにプリーツがとれて大きくなっています。) 例えば硫化染料で黒を染めた為、バリといってボロボロに破れたTシャツなど デザイン性やこだわりを追求するほどトラブルの起こりやすいファッション。 このような展覧会で勉強するのが本当に大切です。   それとクリーニングに関しての説明もあり、ドライではぜったい汚れは取れないそうです。 逆に何度も使用した汚れのついた溶剤で汚染することもあります。 クリーニング代が高くついても水洗い(汗ぬきといっている店も有ります)が お気に入りの服を長持ちさせる秘訣だそうです。

比良山系の初冠雪

急に冷え込んできたかと思ったら、比良の山頂に今年初の冠雪。 今朝、午前6時45分頃の写真です。 紅葉の混ざった山の頂上(びわこバレースキー場辺り)にうっすらと積もっています。 例年よりもかなり早い目かと思ったら昨年はもう少し早かったようです。 平年よりも5日早く、昨年よりも13日遅い初冠雪でした。

乾山 紅葉図 マルチクリーナー

先週末には紅葉狩りで賑わったところも多かったことと思います。 次の週末ぐらいまでが見頃でしょうか。   ご近所の珍しい色の紅葉、全体には黄色で、所々、赤とオレンジ。 このマルチクリーナーは、尾形乾山の紅葉図鉢の図柄をモチーフに作ったものです。 ちなみにその元になった乾山の鉢はこれです↓

ロック誕生~ニッポンROCK40年

先週と今週NHK衛星第2でドキュメント「日本のロック誕生」というのが放送されました。 月、火、水 午後10:30~ 30分番組の6回シリーズ。 録画しておいたのを昨晩まとめて見ました。   GS後に起こった70年代日本のロック創成期のドキュメント。 第1話 70年代ニッポンROCK       フラワー・トラベリン・バンド、外道、遠藤賢司、クリエイション 第2話 日本語ロック論争      日本語ロックの代表はっぴいえんど       その他は、四人囃子、Cher、ゴダイゴ、クリエイション 第3話 多様化するニッポンROCK      ハルヲフォン、イエロー、クリエイション、ティンパンアレイ、ファーイーストファミリーバンド 第4話 70年代・ロックの目撃者たち      RCサクセション、ジョニー・ルイス&Cher、サディスティックミカバンド、頭脳警察 第5話 ローカル・ロックウェイブ      沖縄の紫、コンディショングリーン、石川のめんたんぴん、福岡のサンハウス 第6話 70年代ロックの金字塔!      外道、イエロー、上田正樹、つのだ☆ひろ、クリエイション等      74年に福島県郡山で行われたワンステップフェスティバルの映像   昨年秋に「ロック誕生The Movement70’S」というドキュメント映画があり こっちでは上映していなかった(たぶん)ので見れなかったのですが、 この映画からの映像が多く使われていたようです。 貴重な映像といっても今ではユーチューブでいくらでも見れるし、 やたら「伝説の~」とかってしてしまうのはどうなのか?って疑問符がつくような ちょっとがっかりな内容でした。   先日ライブの夜、有山じゅんじさんが言っていた言葉 「古い映像なんか見んほうがいいで、頭のなかのイメージだけ 大事に残しといたほうがええねん」 本当に同感です。   でも外道は今見ても強烈! 高校生の時初めて聞いたこのレコードにはびっくりした!「外道 拾得 LIVE」 当時、京都の拾得っていったいどんなとこなんや?って思ってました。

京都八瀬の紅葉

京都北部の八瀬・大原、この辺りの紅葉はかなり色づいてきました。 天気もよさそうで紅葉狩りには絶好の週末になりそうです。 ただ、せっかくの景色も季節外れの黄砂でちょっとぼんやりとなりそうです。 今朝の八瀬の写真です。

トートマップとマグマップ

奈良国立博物館で開催していた正倉院展は昨日で終了しました。今年も大盛況だったようです。   先日、奈良へ行ったときに物産店で見つけました。 「トートマップ」と「マグマップ」 どちらも奈良の観光地地図がデザインされています。 以前我が社でも観光マップをデザインした商品というものを考えたことがありました。 その時参考にしたのは確かパリかロンドンの地図がプリントされたちょっとお洒落なバンダナ。 お洒落すぎてそこから先へは進めなかったのですが、 この奈良の観光マップがプリントされたこのグッズは ネーミングといいポップなデザインといい結構面白い。 この軽い発想がなかなか出てこないんですね。   京都へ帰ってオープンした駅前のヨドバシカメラへ行ったら 雑貨ショップに日本全国各地のトートマップとマグマップが売られていました。 今、売り出し中のグッズだったんですね。知りませんでした。   おまけ 奈良名物?これまだ売っているんですね。僕の小さいときからありました。 確実50年以上は売られているものだと思います。 「お散歩鹿」¥1000となっていました。

有山じゅんじ ライブ

昨晩、学生時代の後輩がやっている缶詰とお酒のお店カンソの一周年記念で 大阪から有山じゅんじさんが来てくれてライブをしてくれるというんで行ってきました。   今から35年前、僕が高一の時です。 大阪の上田正樹とサウス・トゥ・サウスは大好きなバンドで 上田正樹と有山淳司名義のアルバム「ぼちぼちいこか」は ジャケットのインパクトもあり、本当に当時仲間と良く聞きました。 ギターを弾いていた僕にとって当時日本のバンドの中では特に 上田正樹とサウス・トゥ・サウスの有山淳司とソー・バッド・レビューの石田長生 この二人はあこがれでした。 有山さんは歌も味があってスィートでいいんですよ! その有山じゅんじさんが間近でギターを弾いて歌ってくれて 渋くて、リラックスした、ゆる~いけどカッコいい贅沢な時間を過ごしました。 有山じゅんじさんのホームページはこちら → ありやまなページ!! 二年前にでた「ぼちぼちいこか’08ザ・ムービー」 http://www.youtube.com/watch?v=DDZebM8KRtY