週末展覧会情報・2011.10月最終週

今日、10月29日(土)から始まる展覧会を紹介   京都文化博物館 特別展「京の小袖展」~松坂屋・丸紅・千總コレクションを中心に~ 国民文化祭京都2011関連事業 京都文化博物館リニューアルオープン記念で 先日まで開催されていたギッターコレクション展に引き続き 今回も京都らしい展覧会です。 この展覧会にぴったりな我が社のロングラン商品「小袖柄小風呂敷」の他 漆芸定番品などを販売していただきます。 この展覧会は12月11日まで、詳細は → こちら   奈良国立博物館「第63回正倉院展」 ブログでも何度か投稿している正倉院展がいよいよ今年も始まります。 正倉院の宝物は、東大寺大仏を建立した聖武天皇ご遺愛の品々を 光明皇后が大仏に献納したことに始まります。 以来、1250年以上もの時を経て伝えられてきた約9000件にのぼる 宝物を毎年、年に一度少しずつ公開するのが正倉院展 今年は62件ということです。 もう63回も公開しているのにまだまだ知られないものが多く 1250年以上の間宝庫にねむっているということです。 今年は会期も少し短く来月14日まで、詳細は → こちら   正倉院展期間中こちらも集客期待です。! 興福寺国宝特別公開2011 三重塔・北円堂   京都では今日から国民文化祭・京都2011が開幕   京都・岡崎では岡崎あかりとアートのプロムナードが 10月27日(木)~30日(日)まで四日間開催しています。 ワシントン・ナショナル・ギャラリー展開催中の京都市美術館でも 正面の壁に光のアートが浮かび上がるショーを毎晩午後6時~9時に行っています。 昨日の夜、見てきました。 美術館前は多くのひとで賑わっていました。 それにあわせて展覧会も午後8時まで開館していますが、 だからといって、展覧会の入館者が増えるわけではないようです。 やっぱり印象派の展覧会の熱心なファンは午前11時~午後3時ごろに集中するようです。 なので、明日までは午後6時以降に美術館へいくと 光のアートも見ることが出来、展覧会もゆっくりと静かに鑑賞出来るということです。   大阪市立美術館で開催している「岸田劉生展」 開幕して会期の約半分が過ぎましたが気になります。 「お待たせしました麗子です。」というCMが読売テレビで 真夜中にながれていてびっくりしました。 読売テレビはなかなかユニークな宣伝をしま