2013.1月に見た映画・DVD

■映画「レ・ミゼラブル」 今年最初の映画は先月末から公開されて人気のミュージカル映画「レ・ミゼラブル」 映画の日の元旦に観てきました。 長い映画でしたがそれなりに見ごたえもありまあまあ満足 ★★★☆   ■DVD「別離」2011年イラン アカデミー外国語映画賞など多くの賞をを受賞したイランの映画「別離」をDVDで見ました。 ひと組の夫婦の離婚調停をきっかけに、小さな嘘から始まり、正しくあろうとすればするほど、人間の尊厳を守ろうとすればするほど、お互いが意地を張り、問題が雪だるま式に膨れ上がっていくヒューマンドラマです。 宗教的な部分やイランの国民性が出ている映画ではありますが、罪と罰をはっきりさせる、正と悪をはっきりさせる、その事が問題をより大きくさせる、そのあたりの描写が見応えありました。何事もまぁまぁと曖昧さを残す日本とは違う部分です。 一人娘に父を選ぶか母を選ぶかを選択させる裁判所の場面でこの映画は終わりますが、始まりから終始「選択」ということが何度も出てきます。 「神の名のもとに」正しい「選択」とは・・・・・を問いかける映画です。 ★★★★   ■映画「ルーパー」 話題の新感覚タイムトラベル物と聞いて楽しみにしていました。確かに切り口や設定は斬新で新しいのですがタイムトラベル物につきもののつじつま合わせがどうなるか、 どうせ納得できるつじつまはないので、そこを他のどんな魅力で見せるかがこの手の作品のポイントだと思うのですが、アクションはどうしてもダイ・ハードに見えてしまうし、ラストからクライマックスにかけての母子との展開は西部劇のシェーンのイメージ、それなりに面白さはありましたが、星2.5です。★★☆   ■DVD「パリ、テキサス」1984年 西ドイツ、フランス ロードムービーの金字塔、ヴェンダースの代表作 TSUTAYAの良品発掘シリーズで最近レンタルされるようになったこの映画を久しぶりに見ました。 後半のマジックミラー越しに語り合う男と女、男と女の間にある壁、お互いに見えているものと見えていないもの、近いようで縮まらない距離、愛のかたちとは何かを表現した名シーンです。 ★★★☆  

新美術館のニュース

ちょっと目についたニュースをふたつ   ■大阪市 中之島に新美術館、天王寺は閉館へ → こちら 天王寺のランドマーク的なミュージアムが閉鎖になって天王寺公園はどうなってしまうのでしょう。 はたしてどんな新ミュージアムが出来るのでしょう。 大阪には将来カジノも出来るらしいし、どんな都市になるのでしょうか。   ■草間彌生の個人美術館 来年東京に開館 昨年は、展覧会、ルイ・ヴィトンとのコラボと、さながら草間イヤーでした。 今、東京・外苑通り沿いに自身の個人美術館を建築中だそうで年末には完成、来年開館するそうです。 永遠の永遠の永遠に、まだまだ続く水玉の世界

美術の窓 2013年2月号

毎年購入している「美術の窓 2月号」が発売されました。 2月号の特集は「必見!!今年の展覧会BEST200」 毎年元旦の新聞各紙とこの本があればだいたい今年おこなわれる主な展覧会のことがわかります。 これから一年間の保存版 仕事にもプライベートにもしっかりと活用いたします。   仕事ではすでに商談や打合せをおこなっているものがいくつかありますが、個人的には8月7日から六本木の国立新美術館でおこなわれる「アメリカン・ポップ・アート展」にはぜひ行きたいですね。 洋画の大型展覧会がめだった2012年に比べて2013年は日本美術、仏教美術が多いようです。 毎年この号で発表されている前年度の展覧会入場者ランキングも紹介しておきます。 ■2012年入場者数ランキング 1位 ツタンカーメン展(大阪天保山) 93万人 *東京・上野の森は延長の為2012年には入らず 2位 マウリツウハイス美術館展(東京都美)75万人 *フェルメール真珠の耳飾りの少女 トップ2が群をぬいていました。 3位 ボストン美術館日本美術の至宝展(東博)54万人 4位 ONE PIECE展(森アーツセンター)51万人 *やっぱり人気アニメは強い、今大阪で開催中 5位 インカ帝国展(国立科博)45万人 *この種も根強い人気、今春京都文化博物館で開催 6位 ベルリン美術館展(西美)40万人 *もうひとつのフェルメールです。こちらは真珠の首飾り 7位 大エルミタージュ展(国立新美)39万人 8位 ゴヤ展(西美)34万人 9位 セザンヌ展(国立新美)30万人 10位 ミニチュアで見る昭和平成の技(東京現代美)29万人   その他、大英エジプト展、故宮博物院展、リヒテンシュタイン展、ダ・ヴィンチ展、中国王朝の至宝展、出雲展、ジャクソン・ポロック展、二条城展、京博であった陽明文庫展などが10万人越えでベスト40に入っていました。   震災後で全体に低調だった2011年に比べ2012年はダントツのツタンカーメン展の他、フェルメール、レンブラント、エルミタージュなど大型の西洋美術が人気だったようです。 その中で日本美術で実績を残したのは、米国からの里帰りボストン美術館日本美術の至宝展でした。    

東京ギフトショー2013出展のご案内

新感覚藍染(インジゴ染)ブランド「青衣 あをごろも」 お披露目です。   2月6(水)7(木)8(金)日 東京ビッグサイトで開催される 第75回東京インターナショナルギフトショー2013に出展いたします。 東京ビッグサイト西展示場「ACTIVE DESIGN & CRAFT FAIR」内のコンセプトゾーン『ACTIVE CREATORS』 ブースNoは 西4308   ウイルビーとしての今までギフトショーへの関わりは、出展される取引先のお手伝いや2010年のFIFA W杯グッズでの複数ブースへの出品でした。 今回はデザインユニット「スリーミン」と組んで準備してきた新ブランドのデビュー初出展となります。 いよいよ来週となり準備も追い込みです。   ご多忙とは存じますがギフトショーへご来場の際は是非当ブースへも足をお運びくださいませ。 ギフトショーは会場も広く見るのも大変エネルギーのいるイベントですが当ブースの出展するアクティブクリエイターズはすごく面白くて楽しい、まとまりもあって見やすいコーナーです。   ギフトショーの詳細は → こちら サイト内からは TOPページより → ACTIVE CREATORS → EXHIBITORS INFO の順にご覧下さい。

拾得40周年と MOJO SAM ライブ

ライブハウスの草分け的存在、京都の老舗ライブハウス拾得 なんと来月40周年をむかえます。 よくぞ40年もと思う一方、年季の入ったお店の空気のせいか、まだ40年かとも思います。ボク達が高校生の頃あこがれた拾得、あの頃すでに老舗的風格のあったお店ですがまだオープンして5年程だったのか。   そんなことで来月2月は拾得の記念月間、ひとつきまるごと記念イベントと題して一か月通して馴染みの深いバンドがブッキングされています。→ こちら   そんな拾得の40周年をモジョサムと一緒にお祝いできるなんて本当にうれしいことです。 モジョサムの今年最初の拾得ライブは来週の日曜日2月3日

出光美術館(門司) 中国美術入門展

このところ小規模なものも含め展覧会情報が多いです。 おかげでひとつ投稿するのを忘れていました。   出光美術館(門司)で先週末1月19日(土)から始まった「中国美術入門展」 会期は3月31日まで 詳細はこちら → 開催中の展覧会   引き続き漆芸小物の人気アイテム 高蒔絵香合を販売していただきます。

百段雛まつり展

すっかり恒例になったこの時期に開催される目黒雅叙園の「百段雛まつり展」 今年2013年は、今日1月25日(金)から開催されます。 今回は我が社にも善光寺や田中本家などなじみのある信州のお雛様が展示されます。 展覧会売店では、雛祭り柄も含め季節の手拭いやお雛様柄の藍染めタペストリーを販売いただきます。   展覧会の詳細は → こちら

フィンランドのくらしとデザイン展

一昨日、兵庫県立美術館で開催中の「フィンランドのくらしとデザイン展~ムーミンが住む森の生活」を見てきました。 森と湖の国、フィンランドの美術・建築・デザインの100年 展示の一番人気はマリメッコ ショップではムーミングッズがいっぱい、一番人気はミー   その後は 昨年秋開館した横尾忠則現代美術館「開館記念展 反反復復反復」と 三宮 神戸大丸ミュージアム「歌川国芳展」 久しぶりの神戸ミュージアムめぐりでした。   2月2日からは神戸市立博物館で「中国王朝の至宝展」が開幕 → こちら  

平山郁夫展

今日1月23日(水)から日本橋三越本店 新館7Fギャラリーで 「佐川美術館所蔵 平山郁夫展」が開催されます。 地元、滋賀県守山の佐川美術館は我が社のお取引先でもあり、ミュージアムショップサムでは常時、布製品や漆芸小物を販売していただいています。 今回の特設ショップでは展覧会期間中 佐川美術館でも人気のシルクロード柄スカーフを販売していただきます。 この展覧会は2月4日(月)まで、詳細は → こちら

書聖 王羲之展

2006年東京国立博物館「書の至宝展」 2008年江戸東京博物館「書の名宝展」 等・・・・・ 過去何度か行われたこの種の展覧会はいずれも大盛況 今回も期待しています。   今日1月22日から東京国立博物館・平成館で「書聖 王羲之展」が始まります。 この展覧会は3月3日まで、詳細は → こちら   展覧会オリジナルの手拭いを二種作らせていただきました。