ツワブキ

ここまでは厳しい残暑と台風 雨の多かった10月も今日が最終日   例年よりも少し遅い目 ツワブキが咲き始めました。

北陸出張

昨日は、今月二度目の北陸出張 お取引先で打ち合わせ後、弁慶、冨樫で有名な安宅の関が眺められるお店で昼食 午後からは機屋さんの視察 小松駅前の超大型ダンプトラック 福井に移動して縫製工場の視察 この娘達が頼りです。    

再発見!大阪の至宝展

今日10月29日(火)から大阪市立美術館で 「再発見!大阪の至宝展」が開幕します。 会期は12月8日(日)まで 詳細は → こちら

今見ヨ、イツ見ルモ

「今見ヨ、イツ見ルモ」   これは民芸運動の創始者柳宗悦の言葉です。   私は「どうしたら美しいものが見れるようになれるか」 とよく聞かれる。 別に秘密はない。 初めて「今見る」想いで見ることである。 うぶな心で受け取ることである。 これでものは鮮やかに眼の鏡に映る。 だから何時見るとも、今見る想いで見るならば、 何ものも姿をかくしはしない。 たとえ昨日見た品でも今日見なければならない。 眼と心を何時も新しく働かねば、 美しさはその真実の姿を現してはくれぬ。 何も美しさのことのみでない。 一切の真なるものは、今見る時にのみ、 残りなく、その姿を現してくれる。 それは即今に見ることであり、 真に見ることは、その即今以外の出来事ではない 来月24日まで滋賀県立近代美術館で 「柳宗悦展~暮らしへの眼差し~」が開かれています。→ こちら

久しぶりの秋晴れ

続けざまの台風でこのところずっとスッキリしない天気でしたが 台風一過で久しぶりの晴天です。 あと数日で10月も終わり晩秋となりますが、ここにきてやっと秋らしくなってきた感じです。 紅葉もいよいよこれからです。

第65回正倉院展

第65回正倉院展が今日から奈良国立博物館で開幕します。 会期は11月11日(火)までで全17日 詳細は → こちら

竹内栖鳳の班猫

台風の週末となりそうです。 奈良の正倉院展は明日から開幕 神戸のプーシキン展も徐々に来場者が増えつつある中で 交通機関などへの影響がちょっと心配です。   さて、先日投稿した京都市美術館で開催している竹内栖鳳展 多くの動物画のなかでも一番人気は山種美術館所蔵の「班描」 ショップの販売でも一番人気だそうです。 但し、この作品は後期の展示 11月12日(火)~12月1日(日)ですのでお間違いなく。 この作品の人気もあって後期は間違いなく混んでくると思いますので ゆっくりと鑑賞したい方は前期の内に。 このモデルとなった猫と栖鳳の出会いなどのエピソードはこちらに 美の巨人たち → こちら

古径と土牛展

一昨日10月22日(火)から東京の山種美術館で 特別展 小林古径生誕130年記念 古径と土牛展が始まりました。   この展覧会は12月23日(月・祝)まで、詳細は → こちら

時代祭終わって~秋本番?

京都では昨日時代祭が行なわれました。 例年不思議とこの日を境にいっきに気温が下がり秋本番となるのですが 今年の場合は・・・・・ まだ台風もあり日中は汗ばむほどです。 秋本番となるのは台風27号28号が過ぎ去ってからのようです。

今日から京都で竹内栖鳳展

東京国立近代美術館で開催されていた「竹内栖鳳展~近代絵画の巨人」が 今日から京都市美術館で開幕します。   東京会場には間に合わなかったのですが手拭いで作ったトートバッグ、がま口、コースターなど 京都会場から販売です。 この展覧会は12月1日(日)まで、詳細は → こちら 展覧会サイト → こちら