2014.1月に観た映画

■「永遠の0」2013年 日本

今年最初の映画は大ヒット中のコレでした。

★☆

 

■「キューティー&ボクサー」2013年 米

ニューヨークに在住する81歳の日本人前衛芸術家・篠原有司男と、その妻である篠原乃り子をめぐるドキュメンタリー。

愛おしい、せつない、ラブストーリー → 公式サイト

ちょっと岡本太郎さんと敏子さんを思い出しました。

★★★★

 

■「少女は自転車に乗って」2012年 サウジアラビア=ドイツ合作

久しぶりに心に響く良い映画を観ました。

それが映画館の設置も禁止されている男尊女卑のイスラムの国サウジアラビアの映画

少女が自転車に乗りたいというだけのシンプルな内容でここまでの作品に作り上げるとは!

希望に満ちたラストの爽やかさは感動です。★★★★☆

 

■「母の身終い」2012年 仏

ヨーロッパにはこんな尊厳死のシステムがあるのかと驚きました。

淡々とした中に終活について考えさせられる映画

★★★

About the author: WILLBE

Leave a Reply

Your email address will not be published.Email address is required.