2017年1月に観た映画

■「ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー」2016年 アメリカ 今年最初の映画はIMAXでローグワン 今回のは泣けます。★★★★   ■「この世界の片隅に」2016年 日本 呉に住んでいる僕の同級生の又従兄弟だという、こうの史代さん原作のコミックがクラウドファウンディングによって制作されたアニメ映画 戦時中の広島、呉を舞台に普通の暮らしのかけがえのなさが描かれた作品 やさしい絵とのんさんの声とコトリンゴさんの息をするような歌声がこの作品の魅力を引き立てています。 ★★★★★   ■「沈黙―サイレント」2016年アメリカ 3時間近く色彩も音もほとんど無い重い作品なのにいっさい隙の無いスクリーンから目を離せない完成度です。 ★★★★   ■「こころに剣士を」2015年 フィンランド、エストニア、ドイツ合作 ソ連占領下で人々が鬱屈した生活を強いられた1950年代初頭のエストニアを舞台に、勇気を持って逆境に立ち向かおうとするフェンシングの元スター選手と子どもたちの絆を、実話に基いて描いたヒューマンドラマ。 子ども達の表情がすごく良いです。 ★★★★   ■「ミッドナイト・イン・パリ」2011年 スペイン/アメリカ 観る機会を逃していたこの名作 BSで放送されたので録画して観ました。 ウディ・アレン監督が、パリを舞台に撮り上げた幻想的なラブコメディー。 音楽も良く、本当に良い映画でした。 ★★★★  

答えはひとつではない

今年の大河ドラマ「おんな城主直虎」 女性が主役の大河はちょっと苦手なんですが今のところ観続けています。 そして今のところ一番気にいっているのが南渓和尚 いつも抱いている猫も気になりますし、 「答えはひとつではない」という言葉もキーワードのように思っています。   そこで、ちょっと思い出した話 落語の師匠の「なんで餅はカビがはえるのや?」って問いに 「そりゃ早く食べないからでしょう~」っていうやり取り このやり取りをきっかけに他にもいろいろあーでもないこーでもないって話をしているときに 若いお弟子さんがネットで調べて答えたという話 せっかくいろんな面白い答えを出し合って楽しんでるのにお前はそれを台無しにしやがって! と、怒ったというお話です。

土曜の夜のパパスタライブ

昨夜は今年最初のライブ 友人のバンド「パパスタスパパ」がメキシコ料理のお店エルラティーノでライブをするというので行って来ました。 エルラティーノはこのバンド発祥のお店 美味しい料理と心地よい音楽を堪能した一月最後の週末でした。  

週末展覧会情報 2017年1月最終週

今日、1月28日(土)から大阪中之島の国立国際美術館で「クラーナハ展」が開幕します。 昨秋から国立西洋美術館で始まった展覧会が今月15日に閉幕し大阪へ巡回して来ます。 会期は4月16日(日)まで詳細は → こちら

2016年展覧会入場者ランキング

昨日、投稿した美術の窓2月号には毎回今年の展覧会の情報の他に 昨年の入場者ランキングも掲載されます。 2016年のベスト3は 第1位 ルノワール展 国立新美術館 678,639人(104日間) 第2位 始皇帝と大兵馬俑 東京国立博物館 483,809人(94日間) 第3位 生誕300年記念 若冲展 東京都美術館 446,242人(31日間) 印象派の根強い人気を背景に「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」の初来日もあったルノワール展 一日平均では連日の行列が話題になった若冲展がダントツ、例年一日平均不動の一位正倉院展をはじめて別の展覧会がぬきました。 全体的に印象派を中心としたオールドマスターを紹介する展覧会が主流でしたが振り返ってみると3年連続印象派が一位だったことになります。 昨年は東京都美術館のマルモッタン・モネ展76万人 一昨年はマネの「横笛を吹く少年」のポスターが印象的だった国立新美術館オルセー展71万人   さて、2017年はどうなるのでしょうか。  

湖国に春色

このところ繰り返し強力寒波がやってきて嫌になります。 まだ雪の残っている上にあっというまの50cm越え・・・   それでも少しづつ日も長くなり確実に春は近付いています。 冬の湖国に早々と菜の花(先週19日の写真です) 今年も琵琶湖岸にカンザキハナナ

拝啓ルノワール先生

今日1月24日から大阪のあべのハルカス美術館で 「拝啓ルノワール先生-梅原龍三郎が出会った西洋美術」が始まります。   日本の近代洋画界を牽引し一時代を築いた画家 梅原龍三郎(1888-1986)とフランス近代絵画の巨匠ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919)との師弟関係を軸に、その画業を追います。ルノワールのほかルオーやピカソなど、梅原が出会い収集した西洋美術コレクションもまとめてご紹介する展覧会です。 この展覧会は3月26日まで詳細は → こちら

東京展覧会巡り

先週末の東京出張で東京都美術館「ツィティアーノ展」の他に行った展覧会を記録   ■東京国立博物館「春日大社展」 奈良県出身としてはコレは観ておかなければ! 仕事でも絡んでます。   ■デヴィッド・ボウイ大回顧展 会期中、多分あと二回ぐらいは行くかな・・・   ■東京ドーム「キルトフェスティバル2017」 これは一昨年賞を取った従姉の二年ぶりの作品 今回は惜しくも賞は逃したものの入選  

ティツィアーノとヴェネツィア派展 内覧会

一昨日は今月二回目の東京出張 昨日、投稿しました東京都美術館「ティツィアーノとヴェネツィア派展」の内覧会へ行って来ました。 昨年2016年は1866年に日伊修好通商条約が締結されてから150周年記念 イタリアでは日本を紹介する様々なイベントが開催されたそうですが 日本でもボッティチェリ展、レオナルド・ダ・ヴィンチ展などの美術展が続々開催されました。 そして150周年記念を締めくくる展覧会がこの「ティツィアーノとヴェネツィア派展」です。 バラ色の女神「フローラ」の華やかなピンクがテーマカラー 上野駅のアトレにはこんなディスプレイもされていました。 早春に相応しい展覧会です。