サッカー

今日はサッカーの事を。

 

W杯のアジア最終予選、相手は初戦ホームで敗れているUAEでした。

大学の同級生の息子、ガンバ大阪の倉田秋選手が1年8か月ぶりに代表に選出されました。

初選出の前回は東アジアカップの時でしたが今回はW杯出場のかかった絶対に負けられない最終予選、国民の期待感も大きく重みが違います。

サッカーを職業としているプロの選手が途端に国の代表になるというのは、いったいどんな心境になるのだろう・・・プレッシャーも大変なものだろうと想像します。

 

期待感と重圧に背負って立つ!

責任と使命感に背負って起つ!

チャレンジ精神と勇気で背負って発つ!

 

昨日、書いた侍ジャパンも同様ですが期待が大きいだけに試合内容によっては賞賛もされるけれど、逆に批判されるリスクもある。それは日本代表に選ばれし者たちの宿命なのかもしないですね。

 

サッカーで日本代表に息子が選ばれる同級生。

そんな子供を持った親の気持ちってどんなのだろう・・・とも思います。

自分と比べて羨ましいやらホッとするやら・・・・・

 

で、結果は2-0で見事勝利、倉田選手も途中、香川選手と交代で出場出来ました。

28日にはホーム埼玉スタジアムで 対タイ戦

同級生も応援に行くらしく、楽しみな一戦、テレビでしっかりと応援したいと思っています。

 

 

About the author: WILLBE

Leave a Reply

Your email address will not be published.Email address is required.