マリー・ローランサン美術館が東京に

長野県茅野市蓼科高原にあったマリー・ローランサン美術館は2011年に観光客減少のため閉鎖となりその後コレクションは巡回展などに貸し出されて公開展示されていました。

マリー・ローランサンは日本人に人気があり特に中高年の女性には人気が高く百貨店併設美術館の巡回展ではどこも好評を博していました。

と同時に避暑地として人気の高かった蓼科という立地もあって美術館と併設のホテルも夏の避暑、冬のスキー客を多く取り込み成功していたのだと思います。

しかし、長野オリンピックと長野新幹線の開業で観光の中心が北信に変わり蓼科や諏訪といった南信は取り残されることになりこの美術館は残念ながら2011年に閉館となってしまいました。

それから6年この夏、マリー・ローランサン美術館は東京に引越し7月15日にホテルニューオータニガーデンコート6階に再開館しました。 → マリー・ローランサン美術館

 

About the author: WILLBE

Leave a Reply

Your email address will not be published.Email address is required.