2017年11月に観た映画など

■「彼女がその名を知らない鳥たち」 イヤミスで話題の「かの鳥」 ちょっと気になって文庫本を読み読後の余韻残っているうちに映画を観ました。   ■「エネミーズ」 京都ヒストリカ映画祭でめったに観る機会のないブルガリアの作品を観ました。 陸戦には強いけれど海が無く戦艦の無いブルガリア軍の滑稽な作戦を皮肉たっぷりに描いた作品 白黒ですが最新の映画です。   今月は落語を二回楽しみました。 ■立川志らく京都の会 ちょっと早い目の年越し気分「芝浜」   ■立川志の輔独演会 今年で9回目の志の輔落語 今年は「茶の湯」と「宿屋の富」、古典の滑稽噺をたっぷり   コンサートも1回 ■ザ・チーフタンズ アイルランドの国宝級バンド55周年コンサート 今年はアイルランドと日本は外交関係樹立60周年 それもあって今回の来日は結構注目されているようです。 2017年12月6日(水)放送のNHK「おはよう日本」 (AM4:30~8:00)内、“check!エンタメ”にて、ザ・チーフタンズの来日インタビュー、および特集が紹介されます。 ※「check!エンタメ」は7時台に放送予定 → 番組ホームページ   今月は自宅でも結構映画を観ました。(レンタル準新作100円が2回あったので) 「奇蹟がくれた数式」感想はと言うとスラムドッグミリオネアの男の子おっきくなったなぁ…ぐらい。 「ピザ!」たぶん劇場公開してなかったと思いますがなんとなく借りたわりには良かった。 「愚行録」本も読んだけどイヤミスはやっぱり嫌です。問題起こして消えた小出恵介を見ることが出来ます。 「ラ・ラ・ランド」セッションのトラウマがあるので敬遠してたのですが、100円なら良いかと借りたけどやっぱり僕はこの監督ダメです。耐えられず途中でやめた。 「家族の灯り」100歳を越える監督の超ベテラン俳優が演じる上質な戯曲のような作品らしいけど僕には無理でした。 あと、テレビでは良いのやってました。 DVD持ってるのに観た「シンゴジラ」 何度見ても良い「ショーシャンクの空に」 観れば観るほど好きになってしまうアキ・カウリスマキ監督。BSで「ル・アーヴルの靴みがき」やってました。そのちょっと後に小津安二郎監督の「秋刀魚の味」というのも良い流れでした。 今週末公開(京都は1月)の「希望のかなた」楽し

ゆるキャラグランプリ

先々週末にナガシマリゾートで行われたたゆるキャラグランプリの結果は → こちら さっそく成田山新勝寺の表参道をパレードしたそうです。 → こちら

ひるブラに足立美術館

当日朝のお知らせになってしまいましたが今日NHKお昼の番組ひるブラで お世話になっている足立美術館からの中継があります。 NHK総合 午後0:20~午後0:45 → こちら

紅葉

今年の紅葉もあと一週間ぐらいでしょうか。 昨日と一昨日、近場の紅葉

週末秋晴れの京都

気持ちの良い秋晴れの週末 紅葉もピーク、昨日の京都はどこもすごい混み具合でした。   京都国立博物館で開催中の「国宝展」は今日が最終日   昨日の新聞に60万人突破と出ていました。 → こちら これは昨日の開館直後の様子 これでも行列の一部・・・  

週末展覧会情報2017年11月最終週

今日11月25日から名古屋松坂屋美術館で 「再興第102回 院展」が始まります。 会期は短く12月3日まで その後、6日からは創画会展と続きます。 → こちら   展覧会ではありませんが 世界キャラクターさみっとin羽生2017 毎年、羽生市で行なわれているイベント、今日と明日の二日間 → こちら

紅葉

先週16日に黄色く色付いた銀杏の写真を投稿しましたが今日は修学院離宮の紅葉 昨日の祝日はどこも凄い人だったようです。 嵐山の渡月橋などは橋が落ちるのではと思うような人、人、人、 まともに歩けない状況だったようです。 これもSNS効果があるのでしょうか・・・・・   おまけ 修学院離宮の鯉 作者は誰か不明ですが網を描いたのは円山応挙だそうです。 夜な夜な逃げ出して池で泳いでいるとか 逃げ出さないように応挙が網を描いたとか 伝えられています。  

東京出張報告2017年秋

一昨日は東京日帰り出張 商談の合間をぬって展覧会の視察をしてきました。 といっても上野一か所で済むのですが・・・   東京国立博物館「運慶展」 東京都美術館「ゴッホ展」 上野の森美術館「怖い絵展」 どれも凄い混み具合でした。 西洋美術館の「北斎とジャポニズム展」もそこそこ賑わっているのですが、それでもちょっと寂しく感じるほど上記の3館は段違いでした。   関西では京都の国宝展、奈良の正倉院展、大阪の北斎展(これもハルカス美術館の入場者数記録だそうですが)が盛り上がっていましたが、東京は上野だけでそれに匹敵するというのはさすがとしかいえません・・・   この後、来年にかけての展覧会情報も仕入れてきました。 12月1日から東京国立近代美術館で熊谷守一展 都美のゴッホ展が1月に京都国立近代美術館に巡回 2月からは国立新美術館でピュールレコレクション展、あのルノワールの「イレーヌ」が来日、東京の後は名古屋などに巡回 4月からはモネ展が名古屋市美術館、その後夏に横浜へ巡回 4月から7月にかけて東近美~京近美と巡回で生誕150年大観展 7月から12月にかけて東京都美~京近美と巡回で没後50年藤田嗣治展 秋10月には東京都美でムンク大回顧展「叫び」来日 そして日本美術史上最大のフェルメール展開催決定というビッグニュース 10月から上野の森美術館、その後再来年に大阪に巡回するということです。 チケットも日時指定入場制です。 現存するフェルメールの35点(諸説あり)のうち8点が来日するそうです。 何年か前6点来日して大騒ぎとなりましたがそれを上回る8点 そのうち4点までが発表されました。 → こちら

健サンの展覧会

今月10日は俳優高倉健さんの命日でした。 テレビでも関連番組がありましたが、三回忌にあたる一年前から健さんの出身地や多くの映画の舞台となった北海道で追悼展が巡回しています。 → こちら 今日、11月22日からは札幌の北海道立近代美術館で開幕

初冠雪

冬到来 これでも昨年よりも遅かったとか・・・・・ 19日の朝、近畿の山間部ではうっすらと雪化粧、平年並みとの事です。 → ニュース