2018年2月に観た映画 他

■スリー・ビルボード ビルボードというのはアメリカの田舎道の脇に立ってる大きな広告看板の事なんですが娘の殺人事件がいっこうに解決しないことに業を煮やしたお母さんが警察を非難する広告を個人で出したことがきっかけで起こるいろんな事が3つの看板、3人の登場人物で描かれています。これが皆、暴力的で全然感情移入出来ないんですが…応援しようと観てると裏切られ、クズだと思ってた者がちょっと良いところあったりで良い意味で裏切られた作品です。   ■サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ 去年の今頃、このドキュメント映画の事を知り待って待ってほぼ一年待ってようやく京都に回って来ました。 キューバのミュージシャン達の日常と演奏を描いた「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」とか宮古島の古謡や神唄の歌い手達を描いた「スケッチ・オブ・ミャーク」と同じようなイメージを持っていたのですが、ブエナ~は音楽を職業とする人達、スケッチ~は選ばれた人達、こちらはもっと生活に密着したドキュメント。 生まれたときから音楽や踊りと共にあり読み書きは習わないけどフラメンコは覚えていって子供の頃から小銭を稼ぐジプシー達。特殊なロマの洞窟の人々の暮らしそのものが描かれていました。 情熱的で感情むき出しで時には卑猥に歌い踊りそれをあおる手拍子とギター。 待ったかいがありました。 字幕監修に懐かしい小松原庸子さんの名前が!   ■東の狼 奈良出身の河瀬直美監督が昨年の奈良映画祭のエグゼクティブ・プロデューサーを務め、キューバ出身の若手監督を抜擢し作られた作品。 日本で最後に狼が捕獲された東吉野村で藤竜也演じる年老いた猟師が今も狼がいると信じて山に入っていくという内容。 キューバの新鋭カルロス・M・キンテラが子供の頃観たという日本人監督が作った「キューバの恋人」という映画に影響を受け今回の作品を作ったそうです。 キューバで漁業指導をしていた日本人漁師アキラがキューバの革命女戦士と恋に落ち・・・・・と言う内容の「キューバの恋人」 そのアキラが漁師から猟師に変わって狼とかつての恋人の亡霊を重ねあわせるという物語です。 自分の故郷をスクリーンで観るというのは嬉しいような懐かしいような、なんとも妙な気持ちでした。   今月は映画の他にライブを3回 ■シーナ&ロケッツ 2月はコーヒーハウス拾得の45周年

梅情報

昨日は北野天満宮の梅花祭の事を投稿しましたが、他にもあちこちから梅の開花情報が伝わってきます。 京滋の梅情報 → こちら この梅情報では北野天満宮の梅は咲き始め(2月26日)となっていますが一昨日の感じでは三分咲きぐらいに思えました。 梅の木によっては結構開いているものもあり、ここ数日の陽気で一気に咲きそうな気がします。

天神さん

昨日は北野天満宮、毎月恒例の「天神さん」 日曜日と重なったこともあって多くの人で賑わっていました。 そして2月25日は菅原道真公の命日という事で「梅花祭」 上七軒のきれいどころによる野点(のだて)は大行列でした。 さて、2月最後の週がスタートしました。 週の後半はもう3月です。

2月の青衣

2月は逃げると言いますが早いもので残り今日を入れてあと4日、オリンピックもとうとう終わってしまいます。   寒波が来ていた先週末から一週間経っただけで、今週は花粉とPM2.5 季節はどんどん動いて行きます。 待ちかねたキラッキラの春の日差しもあと少しです。 さて、そんな春を前に青衣の2月は東京ギフトショー出展、布博in東京と立て続けにイベントをこなしました。 今春は台湾の女の子たちとのコラボシューズもデビューします。 そんな様子を青衣ウェブサイトのブログやフェイスブックに投稿していますので是非ご覧ください。 青衣ウェブサイト → こちら 青衣ブログ → こちら 青衣フェイスブック → こちら   そして、3月は三度目の参加となる布博in京都です。 → こちら  

週末展覧会情報2018年2月第四週

日に日に日差しの力が増してきてお出掛けする人も増えているように感じます。 二月最終週今日2月24日から中国地方で始まる展覧会ふたつ紹介します。   ■ひろしま美術館「ミュシャ展~運命の女たち~」 18日まで名古屋松坂屋美術館で開催していた展覧会が広島へ巡回です。 人気のアートソックスでミュシャ柄を4点あらたに制作、ひろしま美術館のミュージアムショップで販売していただきます。 展覧会は4月8日まで詳細は → こちら   ■山口県立美術館「デンマーク・デザイン展~ヒュゲのかたち」 ユニークでアートな特別展を企画する印象のある山口県立美術館 今回も個人的にすごく観たい展覧会 ヨーロッパのインポート雑貨と我が社のブランド「青衣」のハンカチ、ソックス、ポーチなどを販売していただきます。 展覧会は4月8日まで詳細は → こちら   今日から開幕の展覧会、他には今年注目の大型展覧会「プラド展」が国立西洋美術館で始まります。 → こちら

展覧会年間ベスト

昨日に続いて2017年度展覧会 「あなたが選ぶ展覧会年間ベスト」 人気ブロガーさんのブログもご覧ください → こちら

2017年展覧会入場者ランキング

毎年、1月末に「美術の窓 2月号」に掲載されている前年度の展覧会入場者数ランキングをこのブログで紹介しています。 うっかり今回は忘れていましたので本日の投稿にて   ベスト3は 第一位、開幕前から話題を集めていて圧倒的な迫力の国立新美術館で開催された「ミュシャ展」661,906人 入場者ベスト50の中には入っていませんがこの展覧会以外にも昨年はとにかくミュシャ展が多く開催され、今年もまだ続いています。 第二位、京都国立博物館「国宝展」624,293人 第三位、東京国立博物館「運慶展」600,439人 と、名品展が根強い人気でした。 以上、60万人越えはこの三つの展覧会でした。数年前の100万人を超えたツタンカーメン展(黄金のマスクが来ていると勘違いした人もあったのでは・・・)90万人を超えた阿修羅展やフェルメール展にくらべるとちょっと落ち着いた感もありますが60万人超えがルノワール展のひとつだけだった前年2016年に比べると盛り上がったといえるのでしょうか。   以下、4位から10位 人数の端数は省きますが 4位 国立新美術館「草間彌生 わが永遠の魂」 52万人 5位 日本科学未来館「ディズニー・アート展」 47万人 6位 森アーツセンターギャラリー「マリー・アントワネット展」 42万人 7位 上野の森美術館「怖い絵展」 41万人 8位 東京都美術館「バベルの塔展」 37万人 9位 東京都美術館「ゴッホ展巡りゆく日本の夢」 37万人 10位 国立西洋美術館「アルチンボルト展」 36万人 この中で個人的に印象に残っているのは4位の「草間彌生展」 待ち時間で話題を集めたのは「怖い絵展」 他には美術展ではないのでランキングには入っていませんが国立科学博物館の「深海展」も60万人を超えたそうです。 あと個人的に印象に残っているのは寺田倉庫のデヴィッド・ボウイ展もあげておきたいです。 こうして見ると2位の国宝展だけが京都で他はすべて東京 美術展でも東京一極集中の傾向にあります。 11位以下もほとんどが東京で関西では18位に兵庫県立美術館の「怖い絵展」27万人 仕事でも大変お世話になったあべのハルカス美術館の「北斎展」は26万人で20位という結果でした。   一日平均でみると 1位 京都国立博物館「国宝展」13,010人 2位 奈良国立博物館「正倉

Otsu Festivalって知ってますか?

京都のお隣、お取引先もあり我が社にとっては地元と言っても良い滋賀県(僕個人はモロ地元ですが・・・) 琵琶湖は知ってるけど滋賀県ってほとんど知らないというレヴェルの認知度だと思いますが 最近は自転車で琵琶湖一周するビワイチやアニメとのコラボなどで若い人中心に随分と知られるようになってきました。 有り難い事です!   で、Otsu Festivalとは? 以下、ホームページより引用 国内外、多彩なジャンルのアーティストたちが、 大津を旅し、大津を体感した感覚と身体で びわ湖をはじめとする大津の自然、 歴史、文化、食などを自身の作品として表現。 それらの作品を通じて、これまでにない大津の姿を発信していく ArtとTripが融合したプロジェクト。 それが、Otsu Festival。   あのアーチストや漫画家も参加してくれて大津の魅力を発信してくれています。 → こちら

平昌オリンピック後半戦

メダルラッシュにわく平昌オリンピック、ようやく微笑み外交とか美女応援団とかではなく本来のアスリート達の話題で盛り上がって来ました。 開会式がずいぶんと前に感じられるほどですが、日程も折り返しを過ぎあと残り6日間となりました。 ちょっと寂しいような気がしますがあとの期間もしっかりと応援していきましょう。   前に長野オリンピックのマスコット人形の写真を投稿しましたが、机の中を整理していたらこんなのも出て来ました。

しあわせの絵の具展

来月から全国公開となるカナダ出身の画家モード・ルイスの生涯を描いた映画「しあわせの絵の具」 この映画公開にあわせ、今、東京のカナダ大使館で「モード・ルイス展」が開催されているそうです。 → こちら