横山大観記念館~不忍池~上野公園

横山大観記念館、すっかり年に一度の訪問になってしまいましたが、 新年のご挨拶だけは欠かさず続けたいです。 大観はこの場所から、多くの名作を発表し近代日本画の巨匠となりました。  記念館の目の前、不忍池。 いつもここにくるのがこの時期なので蓮池もいつもこの風景です。 この弁天堂は不忍池の中央弁天島にあります。 ここも毎年、上野駅へ行くのに通過するときにお参りしていました。 今年もしっかりとおまいりしました。 上野の山の麓に広い不忍池があるこの地を、比叡山と琵琶湖に見立て、 天海大僧正(慈眼大師)様が琵琶湖の竹生島にならって島を築き お寺が建立されたそうです。 不忍池から上野の山を上ったところにあります。 わが国にベースボールを「野球」と名づけて広めた正岡子規。 上野駅から池之端~不忍池を渡って~上野公園通過して~JR上野駅公園口へ 結構な距離で、おまけにところどころじゃりみちもあり、 革靴履いて二日間で約5万歩歩き回った足には相当こたえます。

旧岩崎邸庭園

1月4日のブログでも書いた「龍馬伝」の「伝」は、三菱グループの礎を築いた、 郵便汽船三菱社長・岩崎弥太郎が、龍馬のことを回想し伝えていく形で進んでいく。   洋風建築の大広間で事業で成功した岩崎弥太郎社長がスピーチをする。 優雅に室内楽が流れ、着飾った招待客が談笑する。 そこで、新聞記者に懐かしそうに語り始める・・・・・   それが、先日放送された龍馬伝第一回目の最初のシーンでした。   その洋館がぜったいここなのだろうと、勝手に思い込んでいましたので どうしても見ておきたかったのです。 年始のご挨拶に横山大観記念館を訪問した後、すぐ近くにあるこの旧岩崎邸庭園を 見学してきました。国の重要文化財に指定されているそうです。   ただしあのシーンは明治15年。この洋館が建てられたのは明治29年。 残念ながらあのシーンとは関係なかったのです。 でも案内の方に質問すると土地を購入したのは岩崎弥太郎とのことです。 建てられた時は、三菱財閥三代目社長・岩崎久弥の時です。

ツイッター・一筆箋

インターネット関係で、「ツイッター」というものが流行っているらしい。 1回に140文字以内の「つぶやき」をリアルタイムで発信する「ミニブログ」的なものらしい。 鳩山首相のブログ「鳩カフェ」ってのがあるが、元旦からスタートした 公式ツイッター「鳩山由紀夫on Twitter」が今話題になっているらしい。 興味のあるかたは一度見てみたら・・・・・ ブログ~SNS~ツイッター・・・・・ ほんとに次から次へと新しいコミニュケーション・サービスが出てきますね。 ブログを始めたばかりの私にはついていけません。   ところで、ミュージアムグッズにもツイッター的なものがあります。 絵葉書、クリアファイル、一筆箋の3種が印刷モノの定番商品ですが、 中でも一筆箋は、かしこまった手紙に比べ気軽に一言添えることの出来るツールとして 使い道も多様で、書く内容もツイッター的で人気のアイテムです。 展覧会では必ずオリジナルが製作され、また多くの美術館でもオリジナルが 販売されていますので、コレクションとしても楽しめます。   ちょっとこじつけ的な話題になってしまいましたが、 今日紹介させていただくグッズは、長野・北斎館の一筆箋5種です。 北斎館のある小布施地区は、葛飾北斎にゆかりのある場所で 栗菓子の有名なお店がそろって、北信濃の中でも認知度の高い人気の観光スポットです。

ヴィラデストガーデンファームアンドワイナリー

長野県東御市にあるヴィラデストガーデンファームアンドワイナリーの玉村先生から 今年も素敵なグリーティングカードが届きました。 ここには何度かシーズンオフに商談で訪問させていただきました。 一度ゆっくりガーデンのきれいな時期にプライベートで訪れたいところです。 せめて別窓でゆっくりヴィラデストのホームページをご覧下さい。 ウイルビーでは先生の作品を使ったハンカチやマグネットを作らせていただいております。